MENU
プロフィール背景画像
なかゆ
当サイトの運営者
Webサイトを作っています。
買い物やサービスを利用をする前に、かなり調べる性格です。
当サイトでは「選んだり決めたりする時に悩む人」に向けて、選択を後押しする情報を発信していきます。
あなたの「これに決めた」の助けになりますように。

【レビュー】砂糖が固まるのを防止してくれる素焼きの保存容器「パラパラ砂糖ポット」

のアイコン画像

カチカチに固まった砂糖をガリガリと削るのが面倒…
固まらないようにする保存容器はないのかな?

のアイコン画像

そんな人におすすめの保存容器「パラパラ砂糖ポット」のレビューです。

もくじ

そもそも、砂糖はなぜ保存中に固まる?

砂糖は「乾燥」すると、固まってしまいます。

乾燥すると砂糖の水分がなくなり、砂糖同士がくっついてしまう(結晶化してしてしまう)からですね。

もう少し詳しく解説すると、次の通り。

STEP

砂糖の白い結晶はもともと固まりやすい(結晶化)しやすい性質を持っている。

STEP

その対策として、砂糖(一般的な上白糖)は製造される時、最後に転化糖というもので表面をコーティングして固まるのを防ぐ。

STEP

しかし、乾燥した状態で砂糖を保存していると、そのうち転化糖の水分がなくなり結晶化、砂糖同士がくっついて固まってしまう。

購入したばかりの砂糖が少ししっとりしているのは、コーティングした転化糖が水分を含んでいるため。

だから、砂糖をパラパラな状態に保つためには
「湿度を保つ」ことが必要となってくるわけです。

今回レビューする「パラパラ砂糖ポット」は、容器内の湿度を保つことができるため、砂糖を固まらずに保存できる、というシロモノです。

砂糖が固まらない素焼きの保存容器「パラパラ砂糖ポット」レビュー

パラパラ砂糖ポットとは

内容品砂糖ポット、ふた、スプーン
容量300ml
メーカー株式会社イシガキ産業(三重県の会社)
※日本で企画・デザイン→中国で製造
特徴保存した砂糖が固まるのを防いでくれる

サイズ

「パラパラ砂糖ポット」のサイズは次の通り。(おおよそ)

砂糖500gの袋・ボールペンと比較するとこんな感じ

スプーンをフタに挿すとかなり上に飛び出ます。

高さがあまりない棚に収納する予定なら、砂糖ポットを購入する前に棚のサイズを測っておきましょう。

パッケージ

パッケージの箱はこんな感じです。

内容は3つ(ポット、フタ、スプーン)

  • ポット
  • ふた
  • スプーン

全て陶器(素焼き)で出来ています。

箱の中ではそれぞれ段ボールの仕切りがされていたので「開封したらすでに割れていた…」なんてことはめったにないかと。

ポットの内側に釉薬が塗ってあり、ツルツルとした質感です。

一方、ポットの外側は素焼きの質感そのままに、ざらざらとしていますね。


スプーンはこんな感じ。

結構深めの形をしています。

フタ部分にスプーンを挿して保管することができます。


フタはぴったり閉まるというより、ポットの上に置くイメージです。
というのも、ポットの内径よりもフタのリング部分が小さめになっているから。

砂糖を入れてみる|実際どれくらい入るのか

砂糖(上白糖)を入れてみます。

500gの砂糖の袋のうち、半分ぐらい入れるとポット一杯になりました。

ポットの容量は「300ml」と記載されていましたが、実際に余裕を持って入れるとすると250ml(250g)程度が限界ですね。

その他のレビュー|メリット

なんと言っても砂糖が固まらない

最大の特徴である「砂糖が固まらない」をしっかり実現してくれています。

もうスプーンで「ガリガリ」と砂糖を崩す必要がないのはありがたい。

「パラパラ砂糖ポット」のパッケージに断面イメージがありました。

内側に釉薬が塗ってあり、適度に保湿することで砂糖が固まるのを防ぐ、というメカニズムのようですね。

密閉性を考えると、普通のプラスチックの容器の方が空気の通り道がない分、しっかり密閉されていて保湿ができる、と思ってしまいますが、実際はそうではないですよね。
いつの間にか砂糖が固まってしまいます。

砂糖を固まらせないためには、素焼き+釉薬という組み合わせが大事なのでしょう。

所有欲が刺激されるデザイン

単なる砂糖の保存容器というわけではなく、デザインが良いので所有欲を満たしてくれます。

素焼きの質感やポットのベージュ色+フタのブラウン色など、ナチュラルな雰囲気になっているため、キッチンに置いてあるだけでなんだか優しい気持ちになりますね。

その他のレビュー|デメリット

ポットとフタの接点がざらざらしている

ポットの内側には釉薬が塗ってありツルツルとした質感ですが、ふちから外側にかけては素焼きのままのため、ざらざらとしています。

フタの裏側も同じくざらざらしているため、フタを閉める時に「ザリザリ」といった感触+音がします。

人によっては不快に感じるかもしれません。

取り扱いに気をつける必要がある

陶器の素焼きポットのため、砂糖を中に入れてなくても、そこそこの重さがあります。
当然ですが砂糖を入れるとさらに重くなります。

ポット自体に取っ手がないため、持ち上げる時には側面をつかむことになるのですが、しっかり持っておかないと取り落としてしまう危険性があります。

陶器なので、硬い床に落とすと(たぶん)一発で割れてしまうはず。

「パラパラ砂糖ポット」レビューまとめ

砂糖を取り出すたびに「ガリガリ」と削る手間がなくなったのは地味に便利です。

ただし小さめの容器なので、毎日の料理などで砂糖をたくさん使う場合は、砂糖を追加する手間があるかもしれません。

家族世帯向けというよりは、

  • 砂糖をコーヒー・紅茶などにしか使わない
  • 一人暮らしなので砂糖の消費量が少ない

といった場合におすすめできる砂糖ポットですね。

以上、
砂糖が固まるのを防止してくれる保存容器「パラパラ砂糖ポット」のレビューでした。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる