MENU
プロフィール背景画像
なかゆ
当サイトの運営者
Webサイトを作っています。
買い物やサービスを利用をする前に、かなり調べる性格です。
当サイトでは「選んだり決めたりする時に悩む人」に向けて、選択を後押しする情報を発信していきます。
あなたの「これに決めた」の助けになりますように。

利用する通販サイトを絞るメリット・デメリット&選び方のコツ

通販サイトは、星の数ほどたくさんあります。

例えば、家電の通販サイトだけでも何百とあるますよね。

しかし、実際に利用するサイトは絞った方が何かとお得です。

この記事では、利用する通販サイトを絞ることのメリットとデメリットを考えてみました。

もくじ

メリット

通販サイト独自のポイントを活用しやすい

楽天やAmazonなど、大手の通販サイトでは、独自のポイント制度があります。

ポイント制度とは基本的に、そのお店で買い物をすれば、購入額に応じたポイントが手に入り、また次の買い物の値引きに使える、という制度です。

ポイント制度は、通販サイトが消費者を囲い込むための制度ですが、これをうまく活用できれば、ネット通販の買い物がお得になります。

ここで本題。

通販サイト独自のポイント制度なので、手に入れたポイントは買い物をしたお店でしか使えません。

だから、ネットで買い物をするたびに利用するお店を変えてしまうと、せっかく手に入れたポイントを活用できず、もったいないことになってしまいます。

また、通販サイトのポイントには、有効期限があることが多いです。

2回目の買い物をするときには、前回手に入れたポイントは失効していた、なんてことになってしまいます。

結論として、

利用する通販サイトを絞ることは、

ポイントを上手く活用するメリットにつながり、結果、お得な買い物ができる、ということです。

買い物をするほど優遇される場合がある

通販サイトの中には、買い物をした金額や回数に応じて優遇されることがあります。

例えば、ランク制度。

ランク制度とは、一定期間中の購入金額に応じて、会員ランクが上がっていく制度のこと。

会員ランクの呼び方はお店によって様々ですが、

例えば楽天市場なら、下から

ブロンズランク、シルバーランク、ゴールドランク、といったランクアップがあります。

会員ランクが上がるほど

1回の買い物で手に入るポイントが増えたり、値引きクーポンがゲットできたりします。

楽天市場のような大手の通販サイトだと

あらゆるジャンルの商品を扱っていることが多いため、

食料品、生活必需品、家電、本、家具など、いろいろな買い物をすることができ、それだけ会員ランクも上がりやすいですね。

会員ランクが十分に上がってしまえば、結果的に他のどの通販サイトよりもお得になることもあるので、狙ってみるのも良いです。

ただし、会員ランクに期限がある場合も。

例えば、ゴールドランクになれても半年後にはまたブロンズランクに戻る、など。

会員ランクアップによるお得さを狙うなら、会員ランクの更新サイクルを見極めた上で利用していくのが良いですね。

ログイン情報を管理する手間が少ない

利用する通販サイトが少なければ少ないほど、

ログインIDやパスワードといった情報を管理する手間が減らせます。

これはセキリュティの面でもメリットがあります。

初めて利用する通販サイトでは、まず最初にアカウント登録(会員登録)をすることが多いですよね。

その際に、ログインIDやパスワードを新しく登録するなら良いのですが、大抵の場合、別の通販サイトと似たようなログイン情報になってしまうはず。

通販サイトごとに別々のログイン情報を管理するのは面倒だからです。

しかしログイン情報を統一してしまうと、もしどれかに不正ログインをされた場合、利用している他の通販サイトでも不正ログインができてしまいます。

結論として、

利用する通販サイトを絞ることは

ログイン情報を管理する手間が少なくなるメリットにつながり、結果、セキリュティの面でもメリットとなるわけです。

デメリット

最安値の買い物ができるとは限らない

商品によっては、別のお店で買った方が安いことがあります。

通販サイト独自のポイント付与などを考えても、別のお店の方が安い、という時はどちらで買おうかと迷ってしまうはず。

悩みの例:

欲しい商品を最も安く買えるのは、今まで使ったことがないB店。

いつも使っているA店では、そこまで安くはない。

いつものお店で買えばポイントが付くし、前回手に入れたポイント値引きも使える。

会員ランクも上がるし、できれば別のお店を使いたくはないけど…

利用する通販サイトを絞ると

こんな悩みが発生するデメリットがありますね。

アドバイスとしては

自分が買い物で何を重視しているかで判断すると良いです。

とにかく安く済ませることを重視するのか、安心して買い物ができることを重視するのか、など。

同じ商品なのに圧倒的に安く売っているお店があった場合、お店側が一時的なセールなどをやっているだけなら問題ないですが、

もし保証やアフターサービスをおろそかにしているから安い、だったら問題があります。

安く買えたけど故障時の対応をしてもらえなかったとか、問い合わせの対応が悪かったといったことになる可能性もゼロではないですからね。

安心を求めるなら、少しばかり高くても保証やサービスがしっかりしているお店を選ぶ方が結果的に良い買い物ができますよ。

いつも利用する通販サイトを選ぶ時も、安心・信頼できるお店を選ぶことをおすすめします。

通販サイトの選び方・絞り方

利用する通販サイトを絞るといっても、どれか1つ、と決めつける必要はありません。

賢い選び方としては、

商品ジャンルや買い物の量に合わせて通販サイトを使い分けるのがグッド。

例えば

• 家電だけを買うなら「家電量販店が運営している通販サイト」

• 本だけを買うなら「大手書店が運営している通販サイト」

といったように、買いたい商品が1ジャンルだけなら、専門店を選んだ方がお得になりやすいです。

逆に、

• 家電も本も食品も一度にまとめて買いたい

という時はAmazonなどの総合通販サイトで同時に買ってしまった方が、商品がまとめて発送されるので受け取りの手間が少ないです。

通販サイトによって得手不得手があるので

それぞれの特徴を知った上で、どれを利用するかを考えると良いですね。

そして、利用する通販サイトを絞り込めば、ネット通販をよりお得にしていけるはず。

以上、

利用する通販サイトを絞るメリット・デメリット&選び方のコツ

でした。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる